建物外観。
西側立面。1層の階高は4mで、500mm×8枚のパネルと開口部で構成されている。
パネルおよび開口部の詳細。
オフィス内観。開口部と収納を散りばめた計画。
オフィス内観。
階段室。

代々木ANNEX

敷地は新宿都心部周辺の代々木エリアに位置し、人の往来や交通量の多い道路に面しています。また面積は65坪程度と比較的狭く、ビル用地としては不整形であり、有効なオフィスレンタブル比の確保やフレキシブルなオフィスレイアウトをいかに実現するかが求められました。
 まず全体計画としてオフィス空間を可能な限り広く確保するために、外壁に厚みをもたせるように外壁と一体化した壁面収納を提案しました。また、壁面収納の奥行きを利用し、オフィスへの日射遮蔽機能や視線の遮断機能を活かしたエンベロープ(外皮)を計画しています。外壁と一体化された収納とすることにより、ゆったりとしたオフィス空間が可能となり、またフレキシブルな空間を実現しています。この建物の外観を成している散りばめられたモザイク窓と外壁パネルは、内外ともに一体となってユニークなファサード(立面)を形成することとなりました。
 私たちは、環境問題を解決することはデザインとしても成立するということを形にしていきたいと考えています。具体的な計画としては、共用部を可能な限りコンパクトにまとめ、オフィス空間を広く確保し、OAフロア、システム間仕切り、什器等のオフィスレイアウトが自由にできるような計画としています。
 また空調換気設備については、床吹出し口の移設が可能な可変式床吹出し空調を採用し使う人にも優しい計画としています。。また、可動のロールバックスタンドにより、講座や説明会、展示等の多様な用途にフレキシブルに対応できる計画としています。

所在地
東京都渋谷区
用途
事務所
建築設計
遠藤克彦建築研究所
構造設計
佐藤淳構造設計事務所
設備設計
EOS plus、Comodo設備設計
敷地面積
213.88㎡
建築面積
181.84㎡
延床面積
855.51㎡
構造
鉄骨造
規模
地上5階
施工
笹沢建設株式会社