軽井沢追分浅間山の家

標高1000mの高原道路をかすめる、森林の中にこの住宅はあります。クライアントの要望は、大きなワン・スペースの空間で、いろいろな「場所」を愉しむことができるような住宅でした。そんな多くの特性あるスペースを計画するために、2階建ての住宅の中を4層に分けて計画しています。各スペースの基本的性能をしっかりと満たしつつも、階段や吹き抜けで各層を緩やかに繋ぎ、視覚的な連続性を計画しています。4層を重ねつつ全体を一つの空間として計画したことで、大きなラウンジ空間はいわば音楽ホールのステージのような、各スペースからの視線を集める場所となっています。
 そのコンセプトは外観にも現れており、各層が突出する形態はそのまま内部の層構成を表現しています。閉じた印象を与えるエントランス側に対し、南に開くラウンジ側は高さ3.6mのガラス開口部を計画し、陽の光をリビングスペースの奥まで導きます。また、全体のボリュームから突きだしたボリュームは、室内は書道室として、屋上は外部デッキとして計画しており、各々のアクティビティによってリビングスペースの雰囲気を乱さないように配慮された配置計画となっています。

所在地
長野県北佐久郡軽井沢町
用途
別荘
建築設計
遠藤克彦建築研究所
構造設計
永田構造設計事務所
敷地面積
441.00㎡
建築面積
89.43㎡
延床面積
118.29㎡
構造
木造
規模
地上2階
施工
株式会社 竹花組