高知県本山町新庁舎

高知県の北部中央に位置し、四国山地の中央、吉野川上流域にあたる自然豊かな「本山町」にて設計中の庁舎計画。2019年10月に選定となり、数度のワークショップや町民説明会を経て2020年3月末に基本設計を完了し、実施設計が進行中。

建物はコンクリート造3階建てで、正方形平面、均等グリッドの構造計画。ブルータルな躯体表現と地域産木材を使用した立面デザインにて、今後予想される行政組織改変へのフレキシブルな対応力と共に、建物のどこからでも周囲の自然が眺められる開放的な庁舎を目指す。

プロポーザル提案当初からコスト面ではタイトな計画であり、当初要項では3000m2の要求であったものをプロポ提案時では2700m2にて提示。基本計画&基本設計中の庁舎建設等検討委員会とのディスカッションにて、必要な部署や面積、諸室数などを徹底的に討議し、基本設計終了時には2400m2を下回る規模へとシェイプアップ。無駄が削ぎ落とされた計画となった。もちろん面積だけではなく、基本設計の段階から実施設計と積算を見据え、各副資材までも流通規格寸法を採用することを徹底し、コンクリート造に伴う仮設費の低減などを可能にしている。

1階に窓口対応の多い課、2階に事業系の多い課や町長室、3階に議事場等を配置。また、同階のライブラリーホールは、弊社が企画運営をおこなう町民ワークショップでの意見や要望を反映し、計画されたものである。町民だけでなく、本山町を訪れた観光客にも自由に利用してもらえる開放的なスペースに。北側のテラスからは、雄大な吉野川の風景を眺めることができる。

2020年10月末に実施設計を完了、2021年4月に着工予定。

基本設計概要
Google Map