長者丸VIEW TERRACE

JR山手線目黒駅より徒歩5分の敷地に計画された集合住宅です。ドライエリアを備えた1階に2住戸、2階に2住戸、そしてオーナー邸として使用される3階および4階に1住戸の全5戸を計画しています。

建物は共用部分コアのコンクリート壁と各住戸を区切るコンクリート壁の界壁にて各住戸を配置しています。前面道路側の駐車場計画に伴う断面寸法の違いを利用し、敷地奥側の住戸の床面レベルを地盤面より1.4m下げることで敷地手前側の住戸と差を設けて計画、この断面計画によって斜線制限をクリアし、敷地全体で活用できるボリュームの最大化を図っています。

外周部に計画された鉄骨柱は建物の垂直荷重のみを負担しています。この構造計画によって建物外観はコンクリートのスラブが強調されたデザインとしています。また内部空間としてはこの細い鉄骨柱とサッシュのみで構成されたことにより、各住戸に開放的な視界を計画することが可能となりました。

各住戸のデザインは全5住戸とも全て異なるデザイン仕様にてまとめられています。天井高さは全住戸で2.5mを確保していますが、厳しい斜線制限の中で4層を可能にするため、コンクリート打放しの天井面と共に逆梁構法を用いることで、下階天井面と上階床間の懐寸法を400mmで納めています。

*八尾廣建築計画事務所との共同設計